Zum Inhalt springen


アイタウンページについて考えてみる
アイタウンページで得をする


名刺作成は、専門店で迅速に出来ます。

名刺(ネームカード)の作成は、専門店だと迅速且つ手頃な料金でできます。専門店を利用する場合、完成に要する時間は短くて請負契約を締結して翌日には完成するスタイルとなっています。ネームカードは、ビジネスの現場では差出が必須となっています。商談をする場合、ネームカードが無ければ場合によっては相手と商談をすることはできないことがあるそうです。また、ネームカードの作成は営業職の会社員にとっては経費等となることがあるそうで、自営者の場合はネームカードを作ることに要した費用は必要経費となります。また、ネームカード専門のケースを購入することに関して、税法上は必要経費となります。会社員等の場合、営業職や管理職の人のときは経費等となりますが、それ以外の人に関しては適用外となりますが、将来的に営業職に配転されればそれ以後に取得したカードケース等の購入代金は経費となります。専門店でネームカードを作る場合、クレジットカード等の適用がされます。また、料金は安く設定されています。料金が安いというのは、見逃せないものとなっています。

名刺作成はネット注文で

名刺は、その人の肩書などを表すとても重要なものですよね。会社などで勤めていると、頻繁に取引先の人と交換する機会があり、よく目にしますが、フォントや色など、個性的なものから、かしこまったものなど様々なものがあり、とても面白いですよね。しかしながら、それを作るには結構なお金がかかり、経営者を悩ませているというもの現状です。会社の経費を削減したいとお考えの方は、ネット通販で作成してもらってみては如何でしょうか。今までのものより、お安く、その上しっかりとした仕上がりのものを手に入れることができるでしょう。ネットで注文するなんて不安だという方には、サンプルなどを送ってくれるところもありますので、一度調べてみては如何でしょうか。肩書などが代わる度に、沢山持っておかなければならないものだからこそ、お安いのはとても助かりますよね。

印象に残る名刺を作成しよう!

趣味でエッセイや論文を書いているのですが、稀にですが賞を貰い表彰式に招待されます。式典には全国からたくさんの参加があるのですが、自らを知ってもらうには名刺が一番有効です。仕事で使うものではなく、プライベート用が好ましいでしょう。私も一昨年作成しました。住所や携帯番号等の基本情報以外にも、これまでの活動や授賞歴、得意な分野を載せておくと良いでしょう。最近は専用のソフトもありますし、誰でも簡単かつスピーディーに名刺が作成出来るのです。更に印象付けるには、カラー写真や似顔絵が有効ではないでしょうか。表彰式はもちろんですが、ビジネスにおいても出会いは一期一会です。チャンスはそうはありませんし、せっかくの出会いを今後に繋げたいものです。印象に残る名刺を作成して、どんどん人脈を広げて行って下さい。私もそうしています。