Zum Inhalt springen


CMSについて考えてみる
CMSの考察


会社のネーミングに花の名前を入れました

私が以前働いていた勤務先は、まだ立ち上げて間もない会社でした。デンキの方は数十年やっている会社なのですが、それとは別にリフォーム・不動産をやることになったみたいです。社長がネーミングを考えるときに、数か月悩んだみたいです。会長や家族と一緒にいろいろ悩んだ結果、場所が桜並木のすぐそばだったのでさくらがとても綺麗に咲くということでさくらという言葉を社名に入れたみたいです。確かに、さくらという言葉はすごくきれいですし、日本らしくていいと思います。それからはそのさくらという名前が地域に広まるようになって、今ではちょっとした有名な名前になりました。すごくうれしいですし、さくらだと名乗るだけでお客様がわかってくれるので良いネーミングをしたと思います。さくらの絵をロゴに入れてみたりしてアレンジもできるのでとてもいいと思います。

会社のネーミングは慎重に決定しよう

将来的に経営者になりたいと考えている人もいるかもしれませんね。とは言っても経営者にあることはそんなに簡単なことではないのです。家族がいる場合にはその人たちを養っていくだけの売り上げを出さなければいけませんしね。そのような意味においてもとても大変なのです。そのような中においていざ会社を設立するとなった場合に真っ先に考えなければいけないこととしてネーミングの存在があります。そこで今回はそれに注目した話をしていきます。ネーミングとしては慎重に決定するようにしましょう。もちろん途中で変更することも可能と言えば可能なのですが、少し手間がかかりますし、クライアントがすでにいる場合には厄介なことの方が多いのです。もしも共同設立者がいる場合にはその人にも意見を求めた方が懸命だと思います。そうすることによって合致したネーミングをつけることができるのです。

会社のネーミングは覚えやすいものが良い

いざ自分自身が会社を設立するとなった際に、かっこいいネーミングをつけるということで英文字を入れたりする人もいるかもしれませんね。確かに客観的に見るとかっこいいのかもしれませんが、いざ顧客を見つけるとなった際に難しい会社名の場合にはなかなか覚えてもらうことができません。まして、難しいとどうしてもとっつきにくい会社なのではないか。という先入観を生んでしまうこともあるのです。ですからみなさんが本当に会社を設立するとなった場合にネーミングで悩んでいる際には、シンプルイズベストなのかもしれません。そうすることによって顧客のみなさんに覚えてもらうことができますし、さらには広告を出したときなども多くの人に簡単に認識してもらうことができるのです。みなさんもそのようなことをきちんと念頭において良いネーミングを探すようにしましょう。