Zum Inhalt springen


アイタウンページについて考えてみる
アイタウンページで得をする


アイタウンページはチェックしただけでも自動登録

飲食店を探すときには最終的に一つを選びます。その時にはいくつかの候補をあげるでしょう。最終的に選んだ所は、お気に入りに登録をしたり、携帯電話に登録をしたりできるので、後からでも容易に情報を見つけ出せます。でも候補として挙げていたところの情報はその場で忘れてしまいます。候補にしたぐらいですから何らかの利点があるはずです。何かの機会があるときにそちらを利用したいと考えるかもしれません。アイタウンページを利用するときには便利な機能を活用することができます。最近見たお店の情報を何件か登録してくれています。お気に入りに登録をしていなくても以前にチェックをしただけでそのページが登録されます。こちらは完全な登録ではないのでしばらく見なければ自然に消えます。情報として使えば残りますし、不要な場合は無くなるので情報がたくさんたまりすぎません。

アイタウンページの利用傾向

ダウンページ自体はインターネットが普及する以前、かなり昔から大抵のご家庭に、お店や知り合いの方の住所を調べるための便利ツールで沢山使われてきました。しかし、情報化社会となって、手軽に住所を調べられるようにタウンページのインターネット版のアイタウンページが登場しました。これまで分厚い書籍を1ページずつめくりながら調べる必要性がなくなり、アイタウンページでは短時間で目的の情報を探し出すことが可能です。ただし、インターネットを普段使わない方も中にはいらっしゃるので、その方は現在でも分厚い本を活用しています。もちろんアイタウンページの方が便利で使いやすいですが、人それぞれデジタルかアナログのどちらを選ぶのは自由です。アナログを使用していても悪いことはありません。誰かに言われても自分の意思を貫いて下さい。

アイタウンページは無料で利用できる

電話番号を知りたい時に電話の番号案内サービスを利用することがあります。この時は通話料の他に情報利用量が徴収されます。つまりは無料で利用できるわけではありません。直接お金を支払わないのでわかりにくいですが、お金がかかっている意識を持つ必要があります。インターネット上から電話番号などが検索できるサービスとしてアイタウンページがあります。大手通信会社の子会社が運営をしています。電話案内では有料でサービスの提供をしていますからこちらの便利なサービスなら余計に有料っぽく感じる人もいるでしょう。こちらは無料で利用することができます。誰でも利用したい時にホームページにアクセスをして検索などをして利用することができます。お金がかかるとなると自分で調べようとするかもしれませんが無料で利用できるならもっと積極的に利用するかもしれません。